読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清楚系神待ち少女が釣れた

神待ち少女を見つけるためにいつものごとく使っている出会えるサイト神待ちSNSでは、今日も相変わらずいろんな女性が掲示板に神募集を書き込んでいる。

 

その中で見つけた清楚系の彼女。名前はルミちゃん。

 

早速メールを打つ準備に入る。打つ前に一呼吸。これが大事。気合を入れてメールを打つ!! 打ち終わった後は、仕事が半分終了したようにとりあえず一服しながら待つ。

 

そしたら数分後だいたい返信が返ってくるw

 

きたきたーー!!これだから神待ちSNSはやめられない。家からそれほど遠くない駅にいるそうなので迎えに来て欲しいとのこと。なんてわがままな娘だ。

 

でもしょうがない若い女とやるにはこれくらいの苦労はしなければいけないのだ。

 

と意気込んで、早速車で迎えに行くことに。待ち合わせ場所に待っていたのは綺麗な格好をした清楚系のルミちゃん。正直あった時何度か目を疑った。

 

家出なんてしそうにないからだ。近寄って「ルミちゃん?」と聞くと「はい。」と答える。

 

全く家出なんかしそうにない娘だったのでたじろぐ俺。あいた口がふさがらないとはこのこと。

 

今まで家出少女を何度も神ってきたが初めてみる。いや、稀に見る清楚さ。

 

これは鼻息が荒くなってもしょうがない。

 

さっそく近くのファミレスで食事をしたあと、自宅に連れて帰る。

 

家に来るとなるとわかるよね?セックスだよ。

 

グヘヘ…と気持ち悪い笑声を押し殺し、いざ家に向かう。

 

 

「全然気使わなくていいからねー」「風呂とかも自由につかってー」と言っているうちにしっかりくつろいでいる様子のルミちゃん。

 

その姿をみるとなんとも微笑ましい。

 

先にお風呂に入っているルミちゃんを待っている間布団を綺麗にしたり、ベットの下に大人のおもちゃを忍ばせたりwワクワクしてきますなー

 

風呂から上がった千夏ちゃんは髪も濡れていてかわいい。

 

パジャマ姿もよく似合ってて最高だった。こんなかわいい子ならいつまでも家にいていいのに。

 

俺も風呂に入って丁寧にケツの穴まで綺麗に洗い、すっきりした気分でベットに向かう。

 

ベットにはきっちりといい匂いがする有名なアレを吹き付けていたので、布団もいい匂い。

 

ベットの上にルミちゃんを呼び電気をけして、その日の夜は十分に楽しんだ。

ルミちゃんはその後うちが気に入ったのか1週間ぐらいして家を出て行った。

 

それまで大分調教させてもらったので、多分また帰ってくるだろうと密かに思っている。