読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神待ちは社会問題になっているのか

神待ちする少女たちがいま社会問題になっているようですね。


ネットにある神待ちサイトや家出掲示板で家出した少女が、今日泊めてくれる男性を探すのです。


最近は、ネットカフェも全国に無数に点在しているので、気軽に家出する女の子(女子高生や20歳前後の少女)が多いのです。


家出して神待ちする理由は、様々、親とケンカしたり、気軽に家出する娘もいます。


親はたまったもんじゃないですよね!


当然、親は、心配しますが、親の心、子知らず。ってやつです。

家出する少女は、大体、家出する理由を親や学校のせいにしますが、単なる思春期の反抗期でしょう。


また、周囲の環境も大きく影響します。


周りに、気軽に家出する女の子が居れば、影響されるでしょうし。


周りに、家出サイトや神待ちサイトを利用する友達が居れば、その子もそれらを利用する可能性は高くなります。

 

皆さんもぜひ、多くの悩みを抱えた神待ち少女たちを救済してあげましょう。

出会いカフェで出会った現役女子大生と生エッチ体験

いつもは若いお女の子とエッチなことがしたくて、よく神待ちSNSを利用しているのですが、今日は街に繰り出してみました。

 

理由は、まだ行ったことがなかった出会いカフェというものに行ってみようと思ったから。

 

出会いカフェが何件かありましたが、比較的若い女の子がいるというウワサのお店に行くことにしました。

 

料金は入会金が5,000円で1時間いるごとに1,000円でした。

 

また、気に入った女の子と個室で話をするには別途1,000円、カップル成立で外出するには3,000円がかかるというシステムでした。

 

その日は素人とセックスしたい気持ちでいっぱいで、初めての経験でしたが、思い切って入店してみました。

 

中に入ると、女の子のPRカードが貼ってあり、マジックミラー越しにいろいろな女の子が見られるようになっていました。

 

僕が入店したのは昼の11時頃でしたが、その時は10人くらいの女の子がいました。

 

その時にいた女の子を観察しましたが、あまり気に入った子がいなかった為、少し待つことにしました。

 

30分ほど待ったところで、僕の好みの若くて清楚系っぽい女の子が入店してきました。

この子だ!と思い、すかさず個室トークを店員さんに申し込み、個室に案内されました。

 

期待に股間をふくらませて女の子とご対面すると、その子は20歳の現役女子大生で、お店に来るのはこれが2度目だそうです。

 

目的はちょっとしたお小遣い稼ぎとのことでした。

 

話をしている感じでは、とても印象の良い子だったので、私は思い切ってエッチな話に持ち込みました。

 

するとその子も乗ってくれて意気投合し、とりあえず店を出てランチをすることにしました。

ランチをしながらも私はエッチなことばかり考えていましたが、会話は弾み、最終的にはエロい話ばかりになりました。

 

そこで今度は思い切ってホテルに誘うと、あっさりOKの返事をもらいましたので、2人でラブホテルにインしました。

 

ホテルに入ってからもエロ話で盛り上がり、そのままシャワーを浴びてベッドインしました。

 

やっぱり20歳の若い女の子の肌はピチピチでした。

 

僕は彼女の全身をくまなく愛撫し、所々を舐め回し、彼女の秘部はかなりの洪水状態になりました。

 

そのあと5分ほど入念にフェラチオしてもらい、挿入することに。彼女がナマでいいよ、と言うので、お言葉に甘えてナマ挿入しました。

 

感じやすい体質らしく、カワイイ喘ぎ声で体をクネクネさせながら感じています。

 

僕も若い女の子にナマ挿入している喜びと、そのきついマ〇コのおかげであっと言う間に射精感がこみ上げて来ました。

 

限界だと彼女に言うと、ピル飲んでるから中出ししていいよ、となんとも嬉しい許可をもらいましたので、1週間程度溜まっていた僕の精子をたっぷり彼女の中にぶちまけました。

 

僕がイッた後、彼女は私の中にこんなに出してくれて嬉しい、とまで言ってくれて、とても大満足でした。

 

別れ際に彼女にお小遣いの1万円を渡してバイバイしました。

 

ホテル代も含めて総額で3万円くらい使いましたが、神待ち少女とはまた違う、とても満足な経験をすることができました。

 

神待ち少女は甘えん坊で寂しやり屋が多い

神待ちサイトを利用して、セフレを作るのが私の趣味なのですが非常にこれが面白いくらいにセフレを作ることができるんです。

 

私は、特に神待ちサイトの中でも若い家出少女にターゲットを絞って誘いをかけているのですが、若い子たちの家出少女というのはとにかく寂しがり屋が多いんですね。

 

だから、セフレを作るときにはその子たちと一緒に具体的に何をして遊ぶかということをメッセージにつけ足して誘うを高確率で返事をくれるんです。

一緒に遊ぶと言ってもそんなに大した事をする必要はないみたいで、カラオケに連れて行ってあげたり家にあるゲームで一緒に遊んだりなんていうことだけでもかなり食いつきがいいのでお勧めできます。

 

成功率はおよそ8割から9割という感じで、そして何より神待ちサイトで出会うことができる女の子たちは、寂しがりやな上にエッチな子が多いものだからセックスがとにかく盛り上がるんですね。

 

特に、あえぎ声を全然抑える気がなくて、大声で喘ぎまくるものだからこっちも声を聞いているだけでかなり興奮してくるんです。

 

熱が入るから、セックス自体も非常に盛り上がるし何より、セックスが終わった後に自分から甘えてくるのが男としてかなり満たされますね。

20歳のカンナちゃんはとても良い子でした。

あ、どうもこんにちは。

相変わらずしょうもないことばかり考えています。

いやいや、でもやっぱりそう思いませんか?

仕事から帰ってきて、ご飯を一緒に食べてセックス!

朝起きて、となりにいる可愛い寝顔を襲い、セックス!

昼間もそのままダラダラしながら、気が向けばセックス!

そんな夢みたいな毎日、送りたいですよね

それが可愛い女の子ならなおさら

というわけで数日間でもそんな思いをしたいと思い、

いつも使っている神待ちSNSを開きました。

目標は、質の高い神待ち少女!

せっかくひとり暮らしなので、それを生かさない手はありません。

泊まるところがない子がいるなら数日間泊めてオイシイ思いをしたいじゃないですか

神待ちサイトでずらっと並ぶ女の子を見ていると、ありました!

「お願い聞いてくれませんか?」

「泊めてくれる優しい人いませんか?」

20歳のカンナちゃんの書き込み。

やはり流行っているだけあって、いるものなんですね、神待ち少女は。

さっそくしばらく泊められることと相談にも応じることをメールすると、すぐに返事が来ました。

「今から行ってもいいですか?」とのこと。

もちろんOKですとも

カンナちゃんが今いる場所はそれほど遠くなかったので、すぐに迎えに行きました。

待っていたカンナちゃんは、神待ちをするような子という印象とは程遠い、比較的地味目な子でした。

家出グッズなのでしょうか、大きめのカバンを持っています。

「ごめんね、待たせちゃって。乗ってよ」

「ありがとうございます」

後部座席に荷物を載せ、助手席へ促します。

「お腹空いてない?家でご飯食べよう。何か食べたいものは?」

「なんでもいいですよ、○○さんにお任せします」

なんでもいいが一番困っちゃうよ、と出そうになる声を抑え、スーパーに向かいます。

スーパーではとことことついてくる彼女を連れ、特売の鶏モモ肉を入手。
今晩のメニューは鳥の唐揚げだ!!

早速家について調理をし振舞うと、お腹が空いていたのかぺろりと一人前を平らげたカンナちゃん。

「お風呂も入りたいでしょ、入れてくるね」

「あ、ありがとうございます」

きちんとお礼も言えるし、そこそこちゃんと教育を受けている子のようです。

食事も終えて落ち着いているので、話を聞いてみることにしました。

「何かあったの?話せれば話してよ」

そう言うと、
「親と将来のことで喧嘩してしまって」

「友達に迷惑かけられなかったんです」

「少ししたら戻ろうとは思うんですけど」

彼女の話を聞きながらうんうんとうなずき、

「うちでよかったら、少しの間、いていいよ」

と言うとまた嬉しそうに

「ありがとうございます」

とはにかみました。

お風呂から上がって大きめの僕のTシャツを着ているカンナちゃんを見ていると、なんともムラムラムラ…


きっと、彼女も覚悟して来ているのでしょう。

「カンナちゃん…」

と声をかけ抱き寄せると、抵抗なく腕の中に収まってきました。

それからはもう止まりません。

推定Cカップの胸をしゃぶり、こちらもしゃぶらせ、その夜は正常位で一度、普通のセックスを楽しみました。

親との話がおさまるまでは家にいるらしいので、がっつく必要はありません。

次の日の朝は、起き抜けに寝ているカンナちゃんを襲い、まったりセックス。

昼も休みだったので、そのままもう一回真昼間のセックス。

というわけで、冒頭に言ったような夢のセックス三昧が可能となったのでした。

残念ながら二泊した後の三日目には家に帰る決心がついたらしく、カンナちゃんは帰宅してしまいました。
帰り際に「また親と何かあったらよろしくお願いします」と言われたので

「何もない方がいいんだよ」

と返しておきましたが、内心まだ期待しています

 

家出少女の不慣れなパイズリが逆に大興奮♪

巨乳な女の子を見ると、「ああ、あの胸を使ってエロいことをしたい…」と考えてしまう。

これは男の本能として至極当然でして、僕も毎日のように夢見ていました。もちろん貧乳好きの男性もいますが、やはり僕は巨乳派なので…。

そして僕にも、ついに巨乳の女性とエロいことをするチャンスが巡ってきました!
相手は神待ちSNSで見つけた女の子でして、いわゆる家出少女って存在ですね(*´Д`)

すでに成人はしていましたが、こういうサイトにいる子はみんな家出少女って呼ばれています。

それで今回見つけた女性についてですが、先ほども話したように見事な巨乳でして、すごくエロいです…出会った直後にはその膨らみに釘付けになってしまい、一緒に歩いていると結構揺れているから、揉みたくて仕方なかったです。

だから家に入ったらすぐにモミモミさせてもらって、とろけるような柔らかさにもう夢中です。「これでパイズリをすれば、さぞかし気持ち良いだろうな…」と思ってお願いすると、予想外の答えが返ってきました。

「あの、そういうのって初めてで上手くないですけど、いいですか?」と言われたのです。これくらいの巨乳ならパイズリ経験も豊富かと思ったのに、まさかの『パイズリ処女』とは…ある意味貴重な存在でした。

とはいえその感触は抜群でして、不慣れな動きや表情も相まって、たっぷり出せたのは想像に難くないですね。

家出中の21歳の専門学生神待ち少女に出会った話

メシ食うと釣っておいてホテルというのがいつものパターンです。
そのエサに食いついたのが21歳のカオリちゃん。

待ち合わせ場所に着くと聞いてた服装の女の子を発見。
流行りの花柄のワンピを着たカワイイ系。

居酒屋に向かいながら持ってたキャリーバックのことを聞いたら、親とケンカして友達の家を転々としてるとかで、飲んだら友達の家に行くのか確認したら「ないから、朝まで飲もうー」ってw
ガードを全く感じなかったから、「風呂入りたいでしょ?軽く食べて泊まっていく?」って誘ったら、「それいいね!」って軽い返事でしたよw

これが噂の神待ち女ってやつか!と心の中でガッツポーズ!w

酒は飲まずに、シャワーを浴びて挨拶代りの1発。
パイパンだったし、クリトリスをちょっと指で触っただけでピクピクするし感度抜群。

イク寸前まで攻めたり絶頂コントロールで意地悪してみたりMって感じでたまらなかった!

食欲と性欲を満たしたら爆睡しちゃったので、起きてから1発!

中に出してもいいとか言ってくれたけど10日も帰ってないと聞いたら病気とかリスクありすぎて無理でしたねw